shapieron

勘違いバリュー投資家が真のトレーダーになるまでの物語

ウシガエル駆除マニュアル

本記事ではウシガエルの本格的な駆除について述べる。

※ウシガエルの画像が出てくるので注意 

筆者はウシガエルの騒音で眠ることができず、やむをえず駆除するに至った。しかしながら、ウシガエルの駆除について体系的な資料が見当たらず非常に苦労した。インターネットで断片的な情報を集め、様々な手法を組み合わせてウシガエルと戦った末、近所からウシガエルを駆除し、安眠を得ることに成功した。全ての手法は筆者が実際に試している。

ウシガエルの騒音で夜眠れない、ウシガエルを食べてみたい、ストレスを解消したい、外来生物から在来種を守りたい、など動機は様々であろうが、ウシガエルを駆除したいと思っている人々の助けとなれば幸いである。

 

1.ウシガエルの生態

(1)生息地 流れの穏やかな川や池、湖

(2)サイズ 成体で15センチほど

(3)食べ物 口に入るものならなんでも

(4)寿命  10年ほど

(5)繁殖期 5月から9月

(6)その他

特定外来生物に指定されており、ウシガエルの生きたままでの運搬や飼育は法律によって禁止されている。

夜行性であり、ライトを当てると目が赤く光る。(これで場所を確認する)

非常に警戒心が強い。音を立てたり、近づいたり、光を正面から当てると水中に逃げる。水中では10分ほど潜って警戒心を解くまで水上に上がってこない。

交尾は水上で行い、交尾中は警戒心がかなり弱まるため音を立てて近づいても気づかれない。

 

2.ウシガエル捕獲法

ウシガエル駆除には「捕獲→殺害」のプロセスをとる。

まずは捕獲法を説明する。

f:id:gekko1108:20190825083837p:plain

アナゴカゴ 、釣り、モリ、たも網の4つの方法について評価した。

各項目MAX5点、総合評価ではMAX20点で数字が大きいと高評価である。

(1)アナゴカゴ

f:id:gekko1108:20190527200524j:plain

初心者でも簡単にウシガエルを捕獲できる方法としておすすめなのでこのアナゴカゴ だ。アナゴカゴ を設置して置けば自然とウシガエルやおたまじゃくしが入ってくる。ウシガエルを狩るエンタテイメント性に欠け、ウシガエルがカゴに入るのを待つという積極性の低さはあるが、初心者でも多くのウシガエルを捕獲できる非常に優秀な方法だ。

いくつか注意点がある。

・水面に設置しておくこと

ウシガエルは通常水面で活動するため、アナゴカゴ の入り口も水面と同じ高さにする必要がある。水量によって水面が上下するため、アナゴカゴ の中にペットボトルを入れることを推奨する。

・餌は不要

アナゴカゴ に餌は不要だ。筆者が実施したところ、餌の有無と捕獲率は関係がなかった。餌がなくても十分にウシガエルはアナゴカゴ へ入ってくる。むしろ、餌があるとカメや魚が多く入ってくることになり、ウシガエルを捕まえられない可能性が高くなる

・アナゴカゴ の入り口は大きめのものを選ぶ

ウシガエルはサイズが大きいため、普通の魚用のアナゴカゴ ではウシガエルが入れないことがある。そのため、サイズが大きな製品を選んで欲しい。

 

他の捕獲手段はその人の捕獲技術によって捕獲数に大きな差が出るが、このアナゴカゴ は初心者でも一定の捕獲数を期待できる上、設置するアナゴカゴ を増やすことで手間を減らしつつ捕獲数をあげられる。近代戦の基本は物量で敵を圧倒するところから始まり、アナゴカゴ はそれに最も適した方法である。

※推奨商品

 

 

 

(2)釣り

f:id:gekko1108:20190714202031j:plain

f:id:gekko1108:20190714202105j:plain

ウシガエルは釣りでも捕獲できる。釣り人の間ではナマズ釣りの外道として有名である。

ウシガエルは目の前のものになんでも食いつく癖があるため、何か針付きのものを目の前にたらせば食いつく。エサはルアーでも消しゴムでもなんでも良い。

釣るためにはちょっとした技術が必要だが、非常に楽しい。

・道具

川岸や狭い用水路での捕獲なら、100円ショップで売っている竹製の釣竿で十分だ。遠くのポイントまで狙うのであればリール付きの竿が必要である。

前述のように、ルアー釣りもできるしエサ釣りもできる。餌の場合は必ずしも食べ物でなくとも良い。ウシガエルの気を引けるサイズであれば十分だ。

・手順

「索敵→接近→投入→引き上げ」の手順で行う。

まずは川に強い光を当て、赤く光ったウシガエルの目で彼らの位置情報を把握し、索敵を行う。LEDのヘッドライトがおすすめだ。ウシガエルは物陰や草陰の水面で浮いていることが多く探しにくいため、それに注意すること。

およその位置関係を掴めば、ウシガエルの位置に接近する。ウシガエルは警戒心が強いため、こちらの存在がバレるとすぐに水に潜ってしまう。これを防ぐため、ライトを消して音を立てずにゆっくりと接近すること。ウシガエル近くのポイントに到着したタイミングで一度ライトで再度位置関係を確認するのをお勧めする。筆者の経験では真上からライトを当ててもなかなか気づかれない。リール付きの竿であればこのプロセスは不要である。

餌もしくはルアーを投入する。ウシガエルの目の前で上下すると良いだろう。餌だと思って簡単に食いつく。が、ウシガエルに食欲がなかったり後尾中だったりすると稀に食いつかない場合がある。

ウシガエルが食いついてもすぐには引き上げてはいけない。餌やルアーが大きいと一度で完全に飲み込めないことがあるため、ウシガエルがしっかりと飲み込むまで待つこと。飲み込んだ場合、針の痛さで「グ、グワァ!ブボボボボボ…」とうめき声をあげながら水中に逃げていく。このタイミングでウシガエルを引き上げる。リールがない場合は、たも網を使うか手で糸を手繰り寄せてウシガエルを捕獲しよう。

 

(3)モリ

f:id:gekko1108:20190714202135j:plain

自身とウシガエルの距離が近い用水路などでは無類の強さを発揮するのがモリだ。ウシガエルの食欲がない場合には、捕まえらえない欠点がある。一方で、モリであればウシガエルが射程圏内にいればほぼ確実に捕まえることができる。

何よりも狩りの本当の楽しさを実感できる。ウシガエルを突き抜いて手元で暴れる手応えはなかなか経験できない気持ち良さだ。

近距離での最適解だと思う。

・道具

近所の釣具屋で購入しよう。木製のものなら1000円くらいで購入できる。まれにゴムが古くなっている場合もあるので注意が必要だ。筆者が購入したモリはゴムが古くなってちぎれてしまったが、手投げでも十分な成果を発揮できている。

・手順

索敵と接近までは同じ手順で進める。ウシガエルの真上にポジションを取り、投擲もしくはゴムの反動を利用してウシガエルに突き刺す。この時、思い切り突き刺してカエシまでをウシガエルの体内深くに突き刺すことが重要である。一度モリに突き抜かれたウシガエルは絶対に逃げられない。

 

(4)たも網

 魚を捕まえる際によく利用するたも網だが、こと1人でウシガエルを捕まえるケースではあまり有効性がない。普通のたも網は網が浅すぎるため、ウシガエルの跳躍力では捕まえたと思っても網から逃げ出せてしまうのである。

たも網が有効なケースは、大人数で池をさらう時など限定的なケースに限られるのではないか。

少なくとも、筆者はたも網ではウシガエルを捕獲することができなかった。

 

3.ウシガエル殺害

ウシガエルとを捕まえたら、絶対にその場で殺害してほしい。法律上はその場でのリリースも可能だが、ウシガエルが与える生態系への悪影響を考えると絶対に殺害すべきだろう。

ウシガエルが触れるということが大前提であり、そこは我慢してほしい。私もウシガエルを触るのが苦手であるが、このために触れるようになった。もっとも、直接触るのは気がひけるので常にビニール手袋をしている。

ここでは2つの基本的な方法を述べる。

(1)頭を叩きつける

ウシガエルに苦痛を与えないという意味ではこれが最も良いだろう。

ウシガエルの長い足をもち、頭を思い切りアスファルトに叩きつける。

道路のアスファルトでも構わないが、その辺にあるおおきめの石やブロックでもいいだろう。

1、2回叩きつけることでウシガエルは気絶するが、その後も何度か叩きつけることを推奨する。目安としては頭が完全に潰れていることだ。ウシガエルは生命力が強いので、中途半端にやっては絶命しきっていないケースがある。ウシガエルが完全に絶命したかいなかを判断するのは意外と難しい。

また、ウシガエルの足は思ったより滑りやすいため、しっかり握らないとするりと抜けてしまうことがあるため、注意が必要。返り血を浴びることもあることに注意が必要。

そういうわけで、筆者は後述の脊髄破壊にシフトしている。

作業中はあなたも「アスファルト〜頭をたたきつけながら〜」と思わず替え歌を口ずさんでしまうだろう。

(2)脊髄破壊

f:id:gekko1108:20190629194541j:plain

f:id:gekko1108:20190527200355j:plain

確実にウシガエルを絶命させられるこの脊髄破壊がおすすめだ。

脊髄を破壊すると脳と全身の筋肉の連携を断たれるため、ウシガエルは全く動けなくなる。

アイスピックなどの鋭利なものを準備してほしい。

ウシガエルをよく観察すると頭部と体に分かれており、その結合点が脊髄だ。

アイスピックをそこに刺すと骨のような硬い物に当たるため、アイスピックを力で押し込む。「バキ」と音がしてかなりの手応えがあるだろう。きちんと脊髄を破壊できればウシガエルは一撃で仕留められる。

手応えがない場合は脊髄でない可能性が高いため、何度か近い場所をアイスピックで破壊してほしい。ウシガエルは脳に突き刺してもしばらくは生命活動を続けられるため、脳だけ破壊しても不十分だ。

具体的な方法はこちらの動画が詳しい。リンクを貼らせていただく。

youtu.be

 

4.遺体の処理

殺したウシガエルはきちんと処理しよう。

筆者が役場に問い合わせたところ、「可燃ゴミか人目につかないところで処理してほしい」とのことだった。

基本的には可燃ゴミとしてゴミ袋に入れて埋葬してあげると良い。河岸に放置してもカラスが食べるだろうとは思うが、見栄えとしてはよくないし、ウシガエルへのリスペクトが足りない。

 

以上、ウシガエルの駆除方法について簡単に述べた。

質問等があればツイッターで気軽にDMしてください。