shapieron

勘違いバリュー投資家が真のトレーダーになるまでの物語

ドブ川ウシガエル戦争

ã¦ã·ã¬ã¨ã«

wikipediaより

 

1.プロローグ

2018年夏は悪夢の年だった。

アパート裏のドブ川にウシガエルが大量発生し、毎晩グェグェと鳴いた。

私の寝室はドブ川に面していたので、日が沈むとひたすらにウシガエルの鳴き声が聞こえた。

そしてそれは深夜にも及び、窓を開けて寝るなんてことは当然叶わず、雨戸を閉めて寝てもウシガエルの声は容赦無く私を襲った。

エアコンもなく、窓も開けられずでは、2018年の酷暑を乗り越えることはできなかった。このまま自室で寝る限り、蒸し暑さを許容するか、1回/1時間の割合で睡眠を妨げられる苦痛を許容するかの二択だ。

 

そんなことは許されない。

人間様がウシガエルごときに屈服するなんて考えたくもない。

地獄に落ちるのは私ではなく、お前たちウシガエルだ。

反撃を開始した。

 

近所の釣具店でバス用の釣竿とたも網でウシガエルを釣り上げる作戦を試みた。ウシガエルは非常に警戒が強い生き物で、人間が川岸に近づくとすぐに水中に逃げてしまう。何度かチャレンジしたが成果を出すことはできなかった。

 

アナゴカゴ で捕まえるという情報を入手した私は早速Amazonでアナゴカゴ 「お魚キラー」を購入した。

f:id:gekko1108:20190527200107j:image
※餌は魚肉ソーセージ

アナゴカゴ とは文字通りアナゴを捕まえるための仕掛けである。

アナゴやウナギは狭いところに隠れる習性があるため、狭いアナゴカゴ の入り口を隠れ家と勘違いして入ってしまう。入り口はだんだんと狭くなる作りになっているため、一度入ると出られないのだ。これはアナゴだけではなく、ウシガエルや他の普通の魚にも有効である。

夏の間ずっとアナゴカゴ を設置していたが、かかるのは小魚とエビばかり。結局ウシガエルがかかることはなかった。

 

苦渋の選択の末、ウシガエルの声が届かない妻の寝室に避難し、床に寝袋を敷いて寝ルことにした。

ウシガエルへの惨めな全面的降伏であった。

栄華を極めたウシガエルはそのダミ声で愛を語り合った。それは彼らにとっての歓喜だった。

妻は私のいびきに夏中悩まされたのだった。

 

2.ウシガエル駆除方針

ウシガエルへの怒りは夏が終わっても消えることがなく、ウシガエルの駆除方法を調査し、来るべき2019年夏への対策を考え続けた。家庭内にウシガエル駆除委員会を設立し、妻と下記の事柄を再確認した。

 

・ウシガエルは特定外来生物のため、捕まえたらその場で殺処分する

・ウシガエルはドブ川に沿って集中的に生息しており、他の水場ではあまり見られない

・ウシガエルの捕獲にはアナゴカゴ が有効であるため、引き続きアナゴカゴ 中心の作戦を実行する

・昨年のアナゴカゴ 「お魚キラー」は入り口が小さく、ウシガエルのサイズでは侵入できなかった

・ドブ川は雨の状況による水位の変化が激しく、入り口が完全に水につかる、もしくは水面につかないことが多かった

 

3.2019年春 開戦

上記の方針を確認した私たちはシーズンに備えてウシガエル対策を準備した。

 

アナゴカゴ はこちらの製品に変更した。


f:id:gekko1108:20190527195937j:image

楽天レビューでもウシガエル駆除の成果が出ている非常に有効な製品だ。

入り口は7cmだった「お魚キラー」からほぼ倍の13cmとなり、これで侵入口の小ささ問題はクリアした。

中の大きさにもゆとりを持たせている。

続いて、川の水位によって入り口が沈んだり浮いてしまう問題についてはアナゴカゴ の中に1.5Lペットボトルを二本入れて浮力を持たせることで、水位に応じてアナゴカゴ の入り口も上下するようにした。


f:id:gekko1108:20190527200222j:image

※お風呂でテスト中

これで2019シーズンの準備は万端だ。

川に浮いている状態でウシガエルが入ることができるのか、勝手に川にカゴを設置して良いものなのかなど、懸念点はいくつかあるが、それはやりながら細かく改善していけばよかろう。流行りのアジャイル開発である。

 

これら準備が完了したのが2019年5月半ばであったが、この頃にはすでに何匹かのウシガエルが鳴き始めていた。

やはり、きた。

よろしい、ならば戦争だ。

アナゴカゴ を仕掛け、奴らを捕え、殺し、私の安眠を取り戻そう。

妻を睡眠不足で悩ますのはもうやめだ。

絶対に負けられない戦いがここにはある。

クリーク!クリーク!クリーク!

 

4.ウシガエル戦争 戦果

アナゴカゴ を設置して1週間後、定点観測を担当している妻から仕事中に連絡が入る。

「亀さんが網の中におった🤣🤣🤣」

若干気が重くなる。

ドブ川にはウシガエルだけではなく、ミシシッピアカミミガメ も大量発生している。

ミシシッピアカミミガメ は特定外来生物に指定されていないので殺処分しなくても問題はないだろうが、在来種に脅威を与える外来種であることに違いはない。このカメがもしミシシッピアカミミガメ であった場合は殺しておくべきだろう。

この川ではミシシッピアカミミガメ しか見たことがないので、在来種である可能性はかなり低い。

特に私が害を受けていない罪のない亀さんを殺処分することは若干気が引けた。

 

帰宅して確認したところ、亀は案の定ミシシッピアカミミガメ 2匹であった。この他にもカダヤシ(これも特定外来生物)と謎のエビ数匹がかかっていた。


f:id:gekko1108:20190527200328j:image

※夜なので寝ている?

寝ているところ申し訳ないが、彼らには天国へ行っていただくことにした。

もっとも良いミシシッピアカミミガメ の安楽死の方法は「冷凍庫に入れる」ことである。冬眠すべきと判断した亀は冬眠状態に入り、そのまま冷凍庫の低温で眠るように死ぬのだ。

当然、ドブ川から拾ってきたミシシッピアカミミガメ を冷凍庫に入れる許可を妻から得られなかったため、せめてもの慈悲ということで頭を潰す方法に変更した。ここの詳細は省く。

 

その後数日は何もかからなかった。

 

5月27日早朝、目が覚めてカゴを定点チェックすると、いつもとは違うずっしりとした重さを感じた。

ミシシッピアカミミガメ が首を伸ばしている様子が見える。

加えて、アナゴカゴ の中で暴れまわれる黒い物体。

これは…

高まる胸の鼓動を抑えきれず、私は素早くカゴをドブ川から引き上げて中をしっかりとチェックする。


f:id:gekko1108:20190527200346j:image

このフォルムを今まで画像でしか見たことがなかったが、間違いなく私の安眠を散々邪魔してきた悪魔である。

体調は推定13センチ。

ウシガエルのサイズとしては普通だろう。

朝は忙しく出勤の時間が迫っていたため、カゴを改めて水中に戻した。本日は時間給をとって早めに仕事を終わらせ、ウシガエルを殺処分することに決めた。

 

ウシガエルの殺し方には様々な方法がある。一番メジャーなのが足をつかんで頭を石に叩きつける方法だが、慣れていないと一撃で殺すことができない。

一撃で脳を突き刺す方針に変更した。

f:id:gekko1108:20190527200355j:image

※100均でアイスピックを購入

本来であれば数カ月にわたって安眠を妨害された憎しみを込めて殺したいところだが、そんな復讐に何の意味もない。ウシガエルも悪意があってやっているわけではない。

一撃で殺してやろうではないか。

 

夕方になると、5月とは思えない真夏日の日差しがやわらぎ始めた。

頃合いであろう。

帰宅した私は準備を揃えてドブ川にそっと立つ。

覚悟を決めてアナゴカゴ の紐を引き上げる。

ふと感じる違和感。

ざわっ・・・

こんなに軽かっただろうか。

朝に引き上げたとき、ウシガエルが抵抗してぴょんぴょん跳ねていたではないか。

恐れていた黒い疑念がヌメッと胸の中に侵入する。

急いでアナゴカゴ の中を確認する。


f:id:gekko1108:20190527200524j:image

いない。

あの黒くてグロテクスな悪魔はカゴの中から逃亡していた。

ミシシッピアカミミガメだけが所在なさそうにぼんやりとカゴの中でうずくまっていた。

とりあえずミシシッピアカミミガメ を天国に送り届け、アナゴカゴ をドブ川に戻した。

 

抑えきれない失望感。

詰めが甘かった私のミスだ。

どうやってウシガエルがアナゴカゴ を抜け出したのかはまだわかっていない。アナゴカゴ に目立った外傷はなかったため、入り口から逃げたしたと思われる。

ウシガエルは夜行性のため、アナゴカゴ にかかるとしたら夜である。毎朝アナゴカゴ をチェックし、ウシガエルを見つけ次第即殺害しなければならないと心に誓った。

ただ、ウシガエルがきちんとかかることはわかった。

手法をアップデートして続けていこう。

 

大切なのは「ウシガエルの根絶に向かおうとする意思」だと思っている。

向かおうとする意思さえあればたとえ今回はウシガエルが逃げたとしてもいつかはたどり着くだろう?

向かっているわけだからな…………

違うかい?

 

5.エピローグ

陽は落ちたが夜はまだまだ蒸し暑い。

今日もウシガエルが交尾を求めて鳴き始めた。

奴らのこの嬌声をいつかきっと断末魔に変えてやろう。

長い長い戦いは始まったばかりなのだ。

本ブログでは今後も筆者とウシガエルとの戦いについて定期的に言及していきたいと思う。

 

※ウシガエルについて

ウシガエルは1918年に食用として導入された北アメリカ原産の巨大ガエル。生命力が強く、食用が旺盛なことから在来ガエルに殲滅的悪影響を与える。世界の侵略的外来種ワースト100、日本の侵略的外来種ワースト100に指定されている。また、特定外来生物への指定に加え、環境省の生態系被害防止外来種リストにおける総合対策外来種のうち重点対策外来種に指定されている。筆者は毎年夏に安眠を妨害されており、深い殺意を抱いている。