shapieron

米国株トレードを中心に普通の人が資産形成をする方法を紹介します。カイエンと青山の土地購入を目指しています。

米国市場大幅下落さながらトマト祭りの後

厳しい相場展開になっています。

先週半ばから長期金利の上昇に伴って米国株が下げ始め、10月11日(水)に大規模なクラッシュを迎えました。

百貨店のシアーズの経営破綻の可能性が報道されたこと、シアーズ株が大きく下げました。そのうちこの下落もシアーズショックとか呼ばれることになるのでしょうか。いや、シアーズの破綻の影響はそこまで大きくないはずなので、そんなことはないのでしょう。

 

事情があって一晩中値動きを見続けることができましたが、まさに阿鼻叫喚といった模様。今後のためにもしっかりと目に焼き付けました。

米国時間の午後になると下げ幅を拡大しました。

最終的には S&P500▲3.28% ダウ▲3.15% NASDAQ▲4.08%

先週下げ始めた時はNASDAQや小型株から資金が出て、ダウ銘柄などの大型株に資金が避難していましたが、今日はダウも下げてしまいました。タバコ、食品、一般消費財、公益株などがわずかにあげるばかりで典型的なリスクオフ相場となりました。

今年2月のVIXクラッシュを思い出します。

2月のようにここから反発するのか、あるいは本格的な下落相場に入るのか。しばらくは状況を注視しつつ、動いたトレンドにしっかりと乗っていければと考えています。

本格的な下落相場になったらキャッシュで避難するしかありません。

 

さて、私自身のポジションはというと、10月3日にMDBとADBEとALGNを、10月5日にFTNTとMAをそれぞれ寄り付きで売却しており、今週は100%CASHでした。

先週は若干の損失を受けましたが、今日のこの状況を考えば良くぞあの程度の損失で済ませたと自分自身の逃げ足を褒めてあげるきになります。

ただし、周囲には被弾した方も多数いらっしゃったようで、普段感じることのできぬ「セーフティー」という愉悦を感じる気になりませんでした。仮想通貨の時は気持ちよかったんですけど。

 

私WLが真っ赤に染まり、スペインのトマト祭りの後のようです。

f:id:gekko1108:20181011052937p:plain

5%以上の下落がホイホイ出て来ているので精神衛生上非常によくありません。早く相場が回復してみんなが笑顔になれる日が来ると良いのですが。

 

S&P500の日足チャートも今日の値動きがおかしいです。ヒゲがほとんどなく、上から下まで一直線に落ちていったことがよくわかります。

f:id:gekko1108:20181011053005p:plain

 

好景気によるインフレの警戒が高まっており、この先も金利が上昇していくことが予想されます。また、金利の上昇要因の一つとして貿易戦争で中国が米国債を売り始めているとの憶測も出ており、状況は穏やかではありません。

 

このような局面で安易にリバウンドを取りに行って速攻含み損をくらい、それをナンピンし続けて死に至るのが一番怖いパターンだけは絶対にやらないように気をつけます。

 

生き延びましょう、この血まみれ相場。