shapieron

米国株トレードを中心に普通の人が資産形成をする方法を紹介します。カイエンと青山の土地購入を目指しています。

PSを1日で損切り! ごちそうさま!

駄トレードをしてしまいましたので、記録を残しておきます。

トレード対象はウォッチリストで監視していたPSです。ポジションを取ったその日に損切りをするというのは、愚かすぎて恥ずかしいです。避けられる損でした。

 

 

1.PSについて

Pluralsight(ティッカーコードPS)は企業向けのプログラミングオンライントレーニングや、プログラミングスキルのプラットフォームを提供する企業です。

今年の5月に15ドルで上場し、現在の株価は32ドルほどです。

詳しくはアメリカ部さんや広瀬さんが記事を書かれているのでそちらをご参照ください。

 

2.購入

プルーライトの上場以来のチャート。最近、出来高を伴ってあげてcup with handleの形でブレイク。欲しいと思っていたのですがぐずぐずしてしまい、タイミングを逃してしまいました。また、押し目でも買えず、完全に時を逸しています。
f:id:gekko1108:20180824214815j:image

 

8月22日のチャート。寄り付きでプラスになっていたので、上昇過程にあると判断して購入しました。

22時43分150株 @33.29


_f:id:gekko1108:20180824214827j:image
しかしながら、ポジションを取ってすぐにどんどん下げていき、12時に私が寝ることには32ドル代前半ですでに4%近い含み損となっていました。一旦損切りするか悩みましたが、取ったばかりのポジションを売るのもなと思って保留してしまいました。

 

 

3.売却

昨晩は台風がきて大変でしたね。我が家でも夜遅くまで暴風雨が吹き荒れていました。

暴風雨に起こされて時計を見ると午前4時55分。米国市場がギリギリ空いている時間です。

すぐに株価をチェックするとさらに下げており、31.92ドルに。約5%に損失が拡大していましたので、マイルールに則って損切りしました。

結果 31.92ドルで150株全額を売却

損益 損益率
-249.95 -5.24%

普段はこんな時間に目が醒めることはないのですが。きっとポジションを処分しろという啓示だったのでしょう。
f:id:gekko1108:20180824214827j:image

 

4.教訓

(1)事業内容が好みだからと言って雰囲気でポジションを取らない。

(2)機会損失は損失ではない。買うタイミングを逃したら大人しく自重する。

(3)買ってすぐに下げ始めたら処分する

(4)寄り付きから30分以内のトレードは方向が出にくいのでできるだけ避ける

損は避けられないものですが、これは避けられる損だったと痛感しています。

 

PS. I love youは駄作でしたね。自分のクソトレードをきっかけに唐突に思い出しました。