shapieron

米国株トレードを中心に普通の人が資産形成をする方法を紹介します。カイエンと青山の土地購入を目指しています。

8/10 トレードレポート トレード資産を公開

今後、週次のトレードレポートを毎週公開します。

 

1.トレード資産総額/推移

8/10 時点の投資資産総額はUSD43,945.72でした。

f:id:gekko1108:20180811135216p:plain

 

キャッシュ比率は43.6%と、かなり高めの水準で推移しています。

 

各指数および私の資産の先週末終値との比較

S&P   △0.25%

ダウ   △0.59%

NASDAQ +0.35%

Zorac        +0.78%

 

 

2.構成銘柄

ポートフォリオの構成銘柄および損益率は下記の通りです。

f:id:gekko1108:20180811135230p:plain

最も比率が高いポジションはAMZNです。

 

 

3.トレード履歴

(1)AMZN

AMZNの決算リスクを避ける為にUSD1,833くらいで利確したあと、再びinするタイミングを見計らっていました。しかしながらなかなか決断できず、この値段まで上がったタイミングでの印となってしまいました。利確や損切りをするのはきちんとルール通りにできるようになりましたが、再度ポジションを取るのが難しいですね。

今後の研究課題です。

 

(2)FTNT

決算後に買おうと思っていたので、決算発表後に窓をあけて大幅に上昇したタイミングで購入。ネットワークインフラを構築する際に利用するVPN機器はほとんどがフォーティーネット社の製品です。今後、IoTが広まるにつれ業績も拡大していくと見ていますが、どうでしょうか。

 

(3)SQ

決算後に大きく上昇したところで高値を追って購入。ボラティリティが高いので日々やきもきさせられる銘柄です。P2PやPOSシステムで今後伸びていくと分析していますが、結局は株価がどうかですので、過度な期待を持たずにトレードします。

 

(4)MA

右肩上がりの株価トレンド、安定したビジネスモデル、低いボラティリティに惹かれてポジションを取りました。今の所思惑通りに動いています。私の保有しているクレジットカードは全てVisaですが、まあ良いでしょう。

 

4.今後の展望

もう1銘柄USD3,000程度のポジションを取りたいと考えています。時価総額が低く、比較的ボラティリティが高くても今後の伸びが期待できそうな銘柄を探しています。

さて、最近は高値で買う→株価が少し下落する→利確or損切り、を繰り返してきました。これでは税金や手数料がかかり、大きな利益が望めません。トレンドを破らない限り、もう少し我慢強く持ち続ける方針に変更する必要があるかもしれません。