shapieron

米国株トレードを中心に普通の人が資産形成をする方法を紹介します。カイエンと青山の土地購入を目指しています。

株ブログの教祖になって甘い汁を吸おう

トレードで稼ぐのは難しい、そう痛感しています。長期で持てば含み損が拡大し、短期でトレードすると大きなドローダウンに巻き込まれ、雀の涙の配当金からは税金が引かれます。

なんて悲しい話でしょう。

 

でもご安心ください。株で儲ける方法はトレードするだけではありません。セミナー、アフィリエイト、本の出版…、トレードの損益に頼らずとも、株を使って稼ぐ方法は残されているのですから!!!

 

株ブログの教祖になるのです!!!

 

架神恭介,辰巳一世著『完全教祖マニュアル』ちくま新書」によると、宗教を作って教祖になる方法が8つの章にまとめられています。株ブログ教祖もこれに通じる所があるのではないか?とこれらの要素をひとつひとつ検証し、株ブログ教祖となってウハウハする方法を考えてみました。

 

1.教義を作ろう

2.大衆に迎合しよう

3.信者を保持しよう

4.教義を進化させよう

5.布教しよう

6.困難に打ち勝とう

7.甘い汁を吸おう

8.後世に名を残そう

 

 

 

1.教義を作ろう

まずは神を作ることが必要です。これは何もオリジナルではなくても良いので、すでに著名な投資家を神とするのはどうでしょうか。例えばウォーレンバフェットとか良いですね。

続いて、教えを作りましょう。重要なのは「前提」と現代によく広まっている投資の「問題点」です。これらの辻褄が合っている必要はありません。信者が勝手にその辺は保管してくれます。そのうちインテリ信者ができれば解釈ブログやマンセーブログが乱立し、インテリ信者が勝手に論理的に保管してくれます。

「問題点」について口汚く周囲を罵っておけばいいんです!!! 

2.大衆に迎合しよう

大衆の考え方に迎合しましょう。そのため、株ブログの教義はバカでもわかる方がいいですね。

・みんなが悩んでいることに言及する

・曖昧なことを断定する

・とりあえずカネを結論に持ってくる

・小学生でもわかるようにする

・手軽な投資手法にする(結果はついてこなくてもOK)

 

 

3.信者を保持しよう

一回獲得した信者は自身をマンセーしてくれる強力なサポート部隊になります。将来的に常識的なアンチが湧いたり世間からバッシングされたときでも、あなたを守って地獄の炎に焼かれてくれる貴重な存在、それが信者です。

アドセンスクリックやNoteなどの物販であなたにお布施をしてくれるかもしれません。生かさず殺さず、たくさんの信者を得て、保持しましょう!

まずは民衆の不安を煽りましょう。日本株は危ないから米国株に投資しよう」、「日本はそのうち破綻して日本円は紙切れになる」、「金がなければ惨めに死ぬ」などなど、民衆の金銭的な不安を煽ればなんでも良いのです。モラルもへったくれもありません。

そして、そこに救いを用意しましょう。

この救いは先の教義と同じく、整合性や利益などとは関係ありません。わかりやすくみんなが信じられるような救いで良いのです。都合の良いバックテストの結果などがあれば説得力が増すのでGoodですね!

また、「異常な振る舞い=常識外の投資行動」をすることも大切です。

異常な振る舞いをすることで信者の間には連帯感が生まれますし、選民思想を得ることもできます。

損失なんて関係ありません!

ハッピーであれば信者はついてくるのですから!

 

 

4.教義を進化させよう

信者が増えてくると、アンチも湧いてきます。アンチに打ち勝つことも大切ですが、信者を納得させるために教義を進化させる必要が出てきますね。

とりあえず、義務を与えてみましょう。

適当にポジション取ってれば無条件で救われるというとなんとなく胡散臭いので、とりあえず「これやっておけばOK」という義務を作りましょう。

権威を振りかざすのも大切ですね。人間、自分で判断するのは嫌いですから、全てを信じて信者を導いてあげましょう。

どうでしょう、「高配当優良株をひたすらナンピン」とか「FAANGは神!」、「インデックスの積立だけやっておけばOK」などなど。できればバックテストの裏付けがあればいいですね。一番都合がいいやつだけでOKです。誰も検証しないから安心してください。

この時に「どうして?」と思う人もいるでしょうが、ほとんどの人は「そういうものなんだな」と納得してしたがってくれるでしょう。逆に「どうして」などと教祖を疑う不届き者はどうでもいいです。布教対象者じゃありません。

 

5.布教しよう

損失を出している弱者を勧誘しましょう!理不尽な下げで資産を大きく失ったばかりの人がいいです。取り込みやすいですからね。

現在はSNSの時代ですから、積極的にアプローチしてすることが大切です。

ネカマとかいいんじゃないですか?エロを出していけばほいほい釣れます。特に拾ってきた画像にぼかしを入れてアップロードするとなおよし。

あとは有名な投資家の名前をハンドルネームにすると勘違いした初心者が寄ってきてくれることもあるでしょうね。投資家でなくとも人気キャラもいいかも。肖像権の問題は残りますが…

まあその辺は他の宗教から神様や教義を引っ張って来てる宗教があるくらいですから問題ないのでしょう。

ブログでは毎日記事を書きましょう。質なんてどうでもいいです。いっぱい記事を書けばそれがそのうち聖典になって信者が勝手に崇めてくれるはずです。チャリンチャリン。

相互フォローをしてどんどんブログを読んでくれる人を増やしましょう。直接的な収入に加えて新たな信者を獲得する大きなチャンスですよ!!!

 

6.困難に打ち勝とう

株ブログ教祖をやっていると大変なこともあるでしょう。例えば、他の宗派からの宗教戦争です。宗教戦争を仕掛けてくるのは暇な投資家が多いイメージがありますが、まあいいでしょう。やられたら、やり返す。他の宗派をこき下ろしましょう!

たとえば、あなたの株ブログがインデックス派だったら、グロース投資家を徹底的に弾圧しましょう。とりあえずインターネットバブルの話を持ち出してこき下ろし、自身の正当性を主張するのです。

湧いてきたアンチは即ブロックと通報です。某ブロガーのごとく、ガンガンやりましょう。異端は追放すべきなのです。

迫害を受けるメリットもあります。世間の同情や、信者間の結束、などなど。

困難をうまく利用してPVやフォロワー数を増やすのです!

 

7.甘い汁を吸おう

この段階で既にあなたはある程度のアドセンス収入もできていることでしょう。最後の仕上げをきっちりと締めて、信者をマネーマシーンに変えていきます。

投資界隈の主流派を目指しましょう。こういうのは声がでかければOKです。声の大きさすなわち人数で押し切りましょう。都合の悪い意見は耳にいれず、何か鬱陶しいことを言われたら「誹謗中傷で訴えるぞ」などと言っておけばいいんです。膨大なフォロワー数を武器に晒して信者にフルボッコにさせるのもいいでしょう。

甘い汁を吸うにはブログにアクセスしてもらうのもいいですが、セミナーやサロン、Noteなどで直接的にお布施を募るのが良いでしょう。中身はそれっぽいことでOK。信者は何も気にしませんから。間違えて非信者が購入してしまったら一旦返金して、クローズドなコミュニティでまたやればいいだけの話です。

出版もいいですね!

信者がこぞって購入してくれて、のちのちバイブルになります。

基本的にはブログの焼き回し、面倒臭い場合はゴーストライターを使うのもいいでしょう。

 

8.後世に名を残そう

あとは投資の神を信じましょう!

そのうち利益が乗って来ます!

都合のいい部分だけ切り取って利益が出ているように見せるだけでもいいでしょう!

信じる者は救われるのです!!!

 

 

どうでしたか?

ちょっと考えてみましたが、我ながらよくできていると思います。

これで、株ブログの教祖になって甘い蜜をガンガン吸いたいですね。

 

わたしですか?

うーん、やめておきます。

私は教祖よりもトレーダーとして成功したいのです。

 

本書もぜひ読んでみてください。

宗教への皮肉が効いていてとても面白いですよ。

 

完全教祖マニュアル (ちくま新書)

完全教祖マニュアル (ちくま新書)